トピックス

小学校時期のフリースクール

小学校時期のフリースクール
不登校やひきこもりの小学生にとって、社会とのつながりを感じられるかどうかは重要なこと。小学生の場合、学校に行けない・行かないことで他人と接する機会が少なくなると、社会から取り残されたような感覚に陥りがちです。そうなると、ますます自分の殻に閉じこもってしまったり、ひきこもり状態が長引くことも考えられます。こうした悪循環を防ぐのに、フリースクールが効果的です。フリースクールに登校することが、学校復帰や学習意欲に直結しなかったとしても大丈夫です。自宅以外の場所で家族以外の人とつながっていられる環境は、社会との大事な接点になります。それは、目には見えにくい子どもの不安や焦り、心の負担をきっと和らげてくれるはずです。

関連記事

  1. 通信制高校 中学生の不登校
  2. 通信制高校 高校中退からの成功
  3. 通信制高校 発達障害の症状
  4. 通信制高校 小学生の不登校
  5. 通信制高校 広汎性発達障害から自閉症スペクトラム症へ
  6. 通信制高校 高校生の不登校
  7. 通信制高校 アセスメントという発達障害チェック
  8. 通信制高校 文部科学省の不登校の定義
PAGE TOP