トピックス

文部科学省の不登校の定義

文部科学省の不登校の定義
文部科学省は、不登校の児童生徒を何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しない、あるいはしたくともできない状況にあるため年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたものと定義しています。不登校とはただ単に学校へ通学していない状態を指す言葉であると考えがちですが、文部科学省が定義する不登校とは、それとはやや違っています。 病気のために学校を欠席している場合や経済的理由によって学校を欠席している場合には、不登校と考えていません。また、年間30日未満の欠席については、教育上、看過できないほどの欠席日数と考えないため、これらの者は不登校から除外されています。

関連記事

  1. 通信制高校 高校中退と履歴書
  2. 通信制高校 高校生の不登校
  3. 通信制高校 通信制高校費用の見方
  4. 通信制高校 小学校時期のフリースクール
  5. 通信制高校 公立通信制高校と私立通信制高校の違い
  6. 通信制高校 広汎性発達障害から自閉症スペクトラム症へ
  7. 通信制高校 不登校の対応で注意しなければいけないこと
  8. 通信制高校 高校中退の理由
PAGE TOP