トピックス

不登校の原因

不登校の原因
不登校になる原因は3つのパターンで理解することができます。1つ目は「親が原因で不登校になってしまう」ケースです。もっとも多い原因で約7割の子どもがこのパターンだと言われています。主な内容は、子育てを放任してしまったり、子育てを支配してしまうと不登校に陥りします。このパターンの一番辛いところは、親自身がこの原因を認めないことです。2つ目は、子どもが「発達障害」を持っているパターンです。発達障害というと、身体障害者のイメージをしてしまいますが、軽い発達障害でも不登校になってしまいます。3つ目は環境が原因で不登校になるパターンです。例えば、子どもが学校でいじめられているとか、一度嫌なことがあってそれが心に残っているとかこういったパターンです。

関連記事

  1. 通信制高校 不登校の対応で注意しなければいけないこと
  2. 通信制高校 アセスメントという発達障害チェック
  3. 通信制高校 発達障害と思われる大人の場合
  4. 通信制高校 不登校で悩む本人や保護者がブログを書くということ
  5. 通信制高校 高校中退ゼロからの英語
  6. 通信制高校 文部科学省の不登校の定義
  7. 通信制高校 高校中退からの大学受験
  8. 通信制高校 統計で見る不登校
PAGE TOP