トピックス

発達障害の症状

発達障害の症状
脳機能の発達の偏りは、知能や認知、感情の表し方、運動機能や代謝機能などにさまざまな症状として表れ、症状の特徴から数十種類の診断名がつけられています。呼ばれても返事をしない、対人関係のトラブルなどの社会性の障害、言葉の意味を字義通りに受け取るコミュニケーションの障害、あいまいな指示では意図がわからないなどの想像力の障害、光や音に悩まされる感覚過敏、成長につれて症状が変わる注意欠陥多動性障害、文字や数字をうまく使えない学習障害、運動が苦手で極端な不器用が特性の発達性協調運動症、意味のない動作を繰り返す常同運動、飛び跳ねなどの運動(運動チック)や叫びや卑猥な言葉を発する汚言などの発声(音声チック)が不随意に起こるトゥレット症や暫定的チック症などがあります。

関連記事

  1. 通信制高校 小学校時期のフリースクール
  2. 通信制高校 愛知県の通信制高校
  3. 通信制高校 発達障害の有名人
  4. 通信制高校 不登校で悩む本人や保護者がブログを書くということ
  5. 通信制高校 大阪府の通信制高校
  6. 通信制高校 通信制高校一覧でわかること
  7. 通信制高校 不登校の対応で注意しなければいけないこと
  8. 通信制高校 文部科学省の不登校の定義
PAGE TOP