トピックス

アセスメントという発達障害チェック

アセスメントという発達障害チェック
発達障害の子どもが、どんな特徴を持っているのかを知り、サポートに活かすために、さまざまな評価(アセスメント)方法が用いられています。アセスメントには、聞き取りやアンケートを参考に学習場面や生活場面で行動を観察する方法と、ウェクスラー式知能検査などのアセスメントツールを用いる方法があります。支援評価のアセスメントは定期的に行い、スクリーニングに用いたり、支援のニーズを掴んだりします。セルフチェックなどのが多く出回っているが、自己判断はせず、あくまで気づきと理解のためのものとして活用すべきでしょう。また、検査のみに頼るのではなく、日常生活場面での様子、生育歴などの情報と関連づけて評価していくことが大事です。

関連記事

  1. 通信制高校 愛知県の通信制高校
  2. 通信制高校 広汎性発達障害から自閉症スペクトラム症へ
  3. 通信制高校 公立通信制高校と私立通信制高校の違い
  4. 通信制高校 発達障害の成人期
  5. 通信制高校 高校生の不登校
  6. 通信制高校 通信制高校の学費はいくらなのか
  7. 通信制高校 高校中退からの就職
  8. 通信制高校 さかなクン発達障害?
PAGE TOP