トピックス

発達障害の成人期

発達障害の成人期
発達障害の人の中には、成人になるにしたがってきちんと社会に適応して、発達障害でなくなったように見える場合がある。一方、子どもの頃は特に気になるところはなかったのに、成人になって周囲の状況が変わることでたびたびトラブルを生じるようになり、その原因が発達障害だったと判明することある。発達障害はこのように周りの環境や理解によって大きく左右される。この環境には自分も入る。障害によって短所となっている部分を成人になって、他の部分で補うことができるようになる。成人になって仕事をするようになり、周りからかなりのストレスを受け、元々持っていたものが爆発することもある。どこからが発達障害という線引きはできないし、明確な境界線はない。

関連記事

  1. 通信制高校 さかなクン発達障害?
  2. 通信制高校 大阪府の通信制高校
  3. 通信制高校 小学生の不登校
  4. 通信制高校 高校中退の理由
  5. 通信制高校 発達障害と思われる大人の場合
  6. 通信制高校 高校中退と履歴書
  7. 通信制高校 広汎性発達障害から自閉症スペクトラム症へ
  8. 通信制高校 公立通信制高校と私立通信制高校の違い
PAGE TOP