トピックス

発達障害と思われる大人の場合

発達障害と思われる大人の場合
発達障害の人の中でも、ある状況や時期にはきちんと社会に適応していて、発達障害と診断する必要がない場合がある。一方、これまで社会生活をスムーズに営んでいた人が、周囲の状況が変わることでたびたびトラブルを生じるようになり、その原因が発達障害だったと判明することある。このように自分の特性によって「生きづらさ」を感じたり、社会が困ったりするかどうかが個性と発達障害の違いになる。どこからが発達障害という線引きはできないし、明確な境界線はない。ASDの人が抱える問題の一つが社会性の障害だが、人の気持ちを考えない、社会的なルールやマナーが理解できない、自分の立場をわきまえないなど、対人関係や社会との関わり方でトラブルを起こしてしまいます。

関連記事

  1. 通信制高校 高校中退からの大学受験
  2. 通信制高校 中学生の不登校
  3. 通信制高校 通信制高校の学費はいくらなのか
  4. 通信制高校 文部科学省の不登校の定義
  5. 通信制高校 発達障害の成人期
  6. 通信制高校 さかなクン発達障害?
  7. 通信制高校 高校中退率の読み方
  8. 通信制高校 広汎性発達障害から自閉症スペクトラム症へ
PAGE TOP