トピックス

広汎性発達障害から自閉症スペクトラム症へ

広汎性発達障害から自閉症スペクトラム症へ
発達障害の国際的な診断基準は、ひとつは世界保健機構(WHO)が作成したICD(国際疾病分類、最新版はICD-10)です。もうひとつが、アメリカ精神医学会がまとめた「DSM(精神疾患の診断・統計マニュアル、最新版はDSM-5(第5版))」です。ICD-10では、自閉症をはじめ高機能自閉症、アスペルガー症候群、小児期崩壊性障害、レット症候群など自閉症とよく似た特性を持つ障害を「広汎性発達障害(PDD)」という総称で呼んでいました。2013年に改訂されたDSM-5では、診断名の「障害」を「症」に変更。PDDや下位分類のアスペルガー障害もなくなり、すべて診断名は「自閉症スペクトラム症(ASD)」に統合されました。

関連記事

  1. 通信制高校 高校中退率の読み方
  2. 通信制高校 小学校時期のフリースクール
  3. 通信制高校 高校中退からの専門学校
  4. 通信制高校 大阪府の通信制高校
  5. 通信制高校 不登校の中学生にとってのフリースクール
  6. 通信制高校 発達障害の成人期
  7. 通信制高校 高校中退ゼロからの英語
  8. 通信制高校 アセスメントという発達障害チェック
PAGE TOP