トピックス

都立通信制高校進学のメリットとデメリット

都立通信制高校進学のメリットとデメリット
都立の通信制高校のメリットは、なんといっても学費が安いことです。経済的に余裕がなく、高校卒業資格を取得したい人にとって費用が安いというメリットに勝るものはありません。デメリットは、自学自習の原則を貫くところが多いということです。レポートを提出しなくても叱られることもありませんので、計画的に物事を進めることが苦手な人や自己管理ができない人は脱落していきます。都立なのでサポート校と連携することもありません。また、設置主体が東京都なので、入学を希望する場合の条件として、住居や勤務先の住所が限定されます。
都立の通信制高校の入試競争倍率は1倍未満の場合が多く、学習する意欲が面接や作文によって確認できれば合格する場合が大半です。基本的に学習の意欲があれば合格します。

関連記事

  1. 通信制高校 不登校の対応で注意しなければいけないこと
  2. 通信制高校 発達障害の有名人
  3. 通信制高校 文部科学省の不登校の定義
  4. 通信制高校 不登校の中学生にとってのフリースクール
  5. 通信制高校 広汎性発達障害から自閉症スペクトラム症へ
  6. 通信制高校 アセスメントという発達障害チェック
  7. 通信制高校 高校中退のその後
  8. 通信制高校 愛知県の通信制高校
PAGE TOP