BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. トピックス
  4. 通信制高校とは①~全日制と通信制の違い~

通信制高校とは①~全日制と通信制の違い~

進路先を探してたら、「通信制高校」ってワードがでてきた。
学校の先生に、「通信制高校」を紹介された。
でも、「通信制高校」って一体なんだろう。
そう思う方もいらっしゃるかと思います。
そこで、通信制高校の仕組みについて、分かりやすく説明していきます。
第一回目は、全日制と通信制の違いについて

学校に行く自由も行かない自由もある。それが、通信制高校です。

全日制高校と通信制高校の違いは、平たく言えば、出席義務があるかないかの違いです。
全日制の学校ですと、各学校で定められた出席日数を満たさないと留年になってしまう可能性がありますが、通信制高校はそもそも出席義務がありません。
通信制高校の生徒は普段学校へ通う必要がありませんが、『スクーリング』とよばれる対面授業を受けなければなりません。指定されたスクーリング会場へ行き、先生から指導を受けることが基本です。
1日も学校へ行かずに卒業…はできません。
スクーリングは卒業要件を満たすために必要とされております。

さて、このスクーリングですが、学校によって内容は様々です。
週一回、月二回ほど通うところもあれば、3泊4日泊りがけで行うところもあります。
カリキュラムも学校によって様々です。座学が中心ですが、自学自習ではできない体育の実技授業も行われます。

代々木高校は通信制高校になりますのでスクーリングは必須です。

学校へ通いたい生徒のために、大体の通信制高校では通学コースも用意されています。
代々木高校でも通学コースはありますが、例えば週5日コースを選んだとしても、「週5日ちゃんと通わなきゃ…」とプレッシャーに感じなくて大丈夫です。
週5日コースの方は最大週5日、週3日コースの方は最大週3日、通う権利があるとお考えください。時間割はありますが、1時間目から出席しなくてはならないという決まりもありません。
自分の体調や気持ちに合わせて、好きな時間に登校できます。
あくまでこれは当校のケースです。通学コースの内容は通信制高校によって異なりますので、各学校にご確認ください。

学校に行く自由も行かない自由もある。それが、通信制高校です。

関連記事