previous arrow
next arrow
Slider

設立の経緯

1993年、「学校に行けない子供たち」の問題が社会の片隅で起こり始めていました。当時はその認知と理解は今ほどなく、「親の育てかたが悪い」「我慢が足りない」としか言われませんでした。それを目の当たりにした私たちは、黒柳徹子さんの『窓際のトットちゃん』に出てくるような、一人ひとりを大切に育む小さなオルタナティブスクールを設立しました。それが代々木高等学校のはじまりです。